2020.12.17 JP

バリューと未来を込めた新しいつながり、NC公式サイトのリニューアルオープン

NCの公式サイトをリニューアルしました。これは9年ぶりのリニューアルとなり、新CIに込められたブランド・アイデンティティや企業哲学、企業規模などがうまく表現できるようにサイトの全体的な構造とデザインを改善しました。

新しく公開したウェブサイトはNCと世界を「つなぐ」メディアとしての役割とバリューに力を入れて取り組みました。ゲームの中でたくさんの人たちと出会って最高の気持ちを分かち合うように、公式サイトに訪れた方々が今までにない楽しい体験を味わってもらいたいという気持ちで制作しました。

新しい公式サイトを訪れた方たちに楽しんでもらいたいコンテンツと企画の意図、そして参加した制作者の感想を紹介します。


2020年3月に新しく公開したNCの公式サイト。新CIのブランドスローガン「Window to the Future(未来を眺める窓)」の意味をもとにサイト全般に「つながり」の価値を込めたNCの新しいブランドチャンネルです。

NCならではのブランド哲学が伝わるようコンテンツとデザインを構成し、企業情報を素早く、かつ分かりやすく紹介することに注力しました。PC、モバイルなど各端末に最適化したUI/UXの実現や非英語圏のユーザーの利便性を考慮し、英語以外に中国語と日本語のページを新設したのも特徴です。

何よりも公式サイトに訪れた方々がNCブランドを楽しんでもらい、また深く経験してもらえるように目新しいコンテンツとUI/UXの実現に尽力しました。


企業
哲学とビジョンがかる、目新しいウェブ経験

今回のリニューアルはこれまでのコーポレートサイトの典型を破るために新しいアプローチで挑んだプロジェクトです。 普通のメインページではなくインタラクションを加味したストーリー型のイントロページを実装したのです。

そのためにNCが追求する企業の哲学とビジョンをパーティクルで視覚的シンボルマークを作り、「知識と知識の融合」、「創造につながる技術」、「楽しさにつながる世界」の3つのパートでストーリーを構成しました。

ウェブサイトにアクセスするとNCの構成員を象徴する数百万のパーティクルが集まってローマ字の「N」と「C」を作り(Part1)→ 韓国のゲーム史に刻む技術の跳躍的な進歩を成し遂げた代表的なシンボルの「攻城戦の旗(リネージュ)」、「飛行戦闘の翼(タワー オブ アイオン)」、「比武AIの無限の塔(ブレイドアンドソウル)」に形状を変えた後(Part2)→ NCゲームを愛するプレイヤーたちとともに作り上げた新しい世界「アデン城(リネージュ2)」に再誕生(Part3)します。

各パートではマウスや指で画面のパーティクルオブジェを動かしたり、回転させたり、押すことができます。企業が提供するコンテンツを受動的に受け入れるのではなく、より楽しくコンテンツが理解できるようにウェブサイトという双方向メディアの特徴を活かしました。

構成員たちの知識が集まって先端技術を生み出してNCならではの技術がゲームという世界を創り出し、その世界の中で人々が有機的につながって楽しむという一連のストーリーとインタラクティブなビジュアルを体験することでNCの企業哲学をより楽しく理解することができます。


WebGL
技術によるリアルタイム・インタラクション

インタラクティブかつ目新しい体験ができるようにイントロページはプラグインを使用せずにウェブ上でリアルタイムに3Dが実現できるWebGL技術を用いました。

技術においてはこれまでのCPU中心ではなく、端末のGPUを積極的に使うカスタムGPUシェーダーを取り入れました。その結果、ユーザーのマウスの動きに合わせて数百万のパーティクルが動くアニメーション効果と光の方向によって明度と照度が変わるライティング(Lighting)効果がリアルタイムに実現できます。

次のパートに画面が切り替わる時に同じパーティクルで構成されているオブジェの形状が変わりますが、このようにある形状が徐々に形を変えて別の形状に変化するリアルタイム・モーフィング(Morphing)効果も新しい体験のための特別な技術です。

他にもスマホ端末に向けたマルチデバイスGPUメモリ管理とアルゴリズム・パイプライン、ライトパーティクル・システムなど様々な最新のウェブ技術を研究・開発してビジュアルのみならず技術においても特別なウェブサイトを制作しました。

working_final.gifDSC_2493-3.jpgDSC_2493-2.jpg

リニューアル作業前にNCならではのクリエイティブ力と技術力が披露できる方法について長時間議論し、インパクトのあるイントロページを実装することにしました。サイトにアクセスすると新CIが中央に表示された後、そこに吸い込まれて100%WebGLで作った新しい世界が広がるように企画しました。数百万のパーティクルがリアルタイムで作り出す目新しい光景によってサイトにアクセスした方々が没入感のある体験ができるように多数の最新ウェブ技術を研究して取り入れました。

– 制作会社does interactive 企画 チャン・スルギ –


アートとサウンドを加味した、7つのIP紹介

今回のリニューアル作業で一番こだわったのはNCの代表IPを紹介する「WHAT WE CREATE」ページです。

「リネージュ」、「リネージュ2」、「タワー オブ アイオン」、「ブレイドアンドソウル」、「ギルドウォーズ2」、「リネージュM」、「リネージュ2M」という7つのIPのゲーム史的意義や技術の跳躍的進歩、芸術的成果、そして社会文化的影響力を掲載し、各IPが歴史に残した大きな進歩を一目で分かるようにアーカイブしました。

「WHAT WE CREATE」ページには各ゲームの特徴と魅力がよく伝わる高画質のアートと動画があり、ページ上部はシネマグラフ(Cinemagraph)効果を取り入れてキャラクターと背景がまるで生きているかのように表現しました。スクロールするにつれてオブジェクトと背景画像に時間差をつけてページに立体感を持たせるパララックス・スクロール(Parallax Scrolling)手法により躍動感のあるウェブビジュアルを実現しました。

なお、公式サイト専用のBGMも制作しました。ゲームによる心躍る冒険やたくさんの体験の思い出の象徴としてNCの代表IP OSTを「フューチャーノスタルジア(Future Nostalgia)」というキーワードで再解釈し、4曲のメロディーをつなげて一つの曲にアレンジしました。NCSOUNDが企画し、作曲家キム・ジンファン(Eniac)が作ったこの曲はイントロページのBGMで楽しめます。

原曲の派手できれいなメロディーをなるべくシンプルで象徴的に表現するために工夫しました。特に原曲の古典的で豪華な雰囲気をそのまま残すためにクラシカルで神秘的なトーンを用いて原曲をサンプリングし、ウェブサイトのビジュアルに合わせて神秘的かつプログレッシブな雰囲気を出すためにシンセウェイヴを取り入れて近未来的な雰囲気を演出しました。

– 作曲家 キム・ジンファン(Eniac)


NCの輝かしく忘れられない瞬間

リニューアルした公式サイトにはNCの歴史とバリューが一目で分かる様々なコンテンツを掲載しました。

1997年創業以来23年間続くNCの歴史の中で飛躍的な進歩を遂げた貴重な瞬間やNCのみんなが作り上げた思い出を21個のキーワードにまとめて画像、動画、テキストで構成した「NC 21 MOMENTS」ページは公式サイトの見どころの一つです。

リニューアルしたCIの意味とバリューを紹介するブランドムービーは「BRAND」ページから確認でき、「企業紹介」ページでは建築写真家キム・ヨンクァン氏がカメラに収めた9枚のきれいな社屋写真も見られます。

4_re.gif

2013年、企業内保育所「ニコニコピーナッツ」のインテリア写真撮影でお世話になりました。当時、社員向けの福利厚生制度やサポートなどNCが企業の文化醸成に先陣を切っていることを間接的に経験したのですが、あの時のご縁でまた2020年公式サイトのリニューアル作業にも参加させてもらい、改めてNCの新しいエネルギーを感じることができました。

– 建築写真家 キム・ヨンクァン –


TOP